痩身効果の高いキャビテーションの口コミ情報サイトなどには、適当なコメントを記載しているケースもあるので注意が必要です。
IPや氏名を公開することなく匿名で投稿することの出来る口コミサイトの場合、どうしても悪評の方が多くなる傾向もあるので注意をして参考にしましょう。ログインをすることなく簡単に書き込むことの出来る口コミサイトが乱立していますので、あまり参考にすることは出来ません。
もちろんネットの世界ですので、投稿をした人が本当にキャビテーションを施術したのかは判断することはできません。あらゆる情報を調べることの出来るインターネットでしたら、エステの施術情報も簡単に検索出来ます。
その注目度の高さがよくわかるキャビテーションに関する情報サイトが非常に多く運営されています。



口コミサイトで確認をして痩身施術ブログ:17 10 17

ダイエット中に体重を測ると、時々、
体重は減っているのに、体脂肪率が増えている
なんてことがありますよね。

なぜ、こんなことが起こるかというと…

それは、
からだの水分が電気を通して、
その通る電気の割合で体脂肪が計算されているからなんです。

からだの水分の分布は
時間帯によって変化します。

寝ている時、体内の水分はからだの中心部に集まります。
逆に活動中は、からだの先端の方に多く分布します。

つまり、あさ起きてすぐは、
水分がまだ中心部にある状態ですから、
体脂肪計の電流が通る脚や手には
水分が少ないということになります。

そのときに体脂肪率を測れば、
必然的に体脂肪率は、高めに計測されてしまいます。

立ち仕事が多かった日などは、
重力によって、水分が脚の方にたまりやすくなっていますから
上に乗って脚に電流を流すタイプの体脂肪計だと、
体脂肪率が低く計測される場合もあります。

からだの水分量や分布が一番安定しているのは、
真夜中の入浴から二時間後ぐらいの寝る前だといわれています。

大事なのは、毎日できるだけ同じ時間帯、同じ条件で測ることです。
毎日、同じ体脂肪計で、同じ時間帯に、
できれば同じ条件で測ることができれば、
数値の正確な増減を知ることができます。

逆に測る時間帯もまちまち、
きのうは入浴前に測ったけど、今日は入浴後だったり、
測る条件も違ったりすると、その数値はあまり参考にはなりません。

入浴だけではなく、運動の前後なのか、ご飯の前後なのか、
揃えたい条件はたくさんあります。

なお、上に乗るタイプの体脂肪計の場合は、
両脚のひざや大腿部がくっつかないように立ちましょう。

くっついていると電流の流れ方が変わって、
正確な数値が測れませんよ。


このページの先頭へ戻る